早川忠孝 オフィシャルホームページ

早川忠孝 事務所

太陽コスモ法律事務所
弁護士 早川忠孝

〒102-0093
東京都千代田区
平河町1-7-10 平河町Sビル3階
[ google map ]

TEL:03-5275-3381
FAX:03-5275-3384

ご挨拶

日々新たなり。
これが、私のモットーです。  

平成21年の衆議院選挙で衆議院議員の議席を失いましたが、司法、行政、立法の第一線にいたという経験を踏まえて、「弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり」というブログを通じて日々生起する社会の様々な事象に対してその時々の思いを発信してきました。  

ナポレオンは、我が辞書には不可能という言葉はない、と言ったと伝えられております。
私も、そのように強く逞しくありたい。如何なる困難に遭遇しても決してめげることなく、何としてもこれを克服していきたい。
そう、願って今日までやってきました。  

ついに「弁護士早川忠孝の雑来帳・ザッツライッ」というメルマガを発行することになりました。
どんな難しい問題でも必ず答えを出そう、というのがこのメルマガの趣旨です。

私は、東大紛争で入学試験が中止になり、卒業も6月になったという激動の昭和44年に自治省に入り、富山県庁に出向するなどして国の行政、地方の行政の現場を経験してきました。
在学中に司法試験に合格しておりましたので、昭和48年に自治省を辞め法曹界に転進し、昭和50年から弁護士として活動してきております。
弁護士経験も既に38年を超えましたから、もうベテラン弁護士の仲間入りをしたと言っていいでしょう。
法友全期会の代表幹事や関東弁護士会連合会の人権擁護委員長、さらには東京弁護士会の筆頭副会長なども務めてきましたから、弁護士や弁護士界のことであれば大抵のことは分かるようになっています。
普通の弁護士が困った時に相談に来る弁護士、という意味で私は自分のことを「弁護士の弁護士」だと言ってきました。

今でもこれは変わりません。
どうしてよいか分からなくなった弁護士に道を教えるのが私の役割だと思っております。  

平成15年から平成21年まで衆議院議員として実に様々な仕事をしてきました。
このオフィシャルホームページは、私が国政に挑戦し、あるいは国政で縦横無尽に 活動している頃に開設したもので、私の衆議院議員時代の記録が満載となっておりました。
私には大切な記録です。 しかし、衆議院議員を辞めてからまったくリニューアルしないで来てしまいました。  

私は、弁護士の原点に戻って、一人でも多くの方々の支えになっていこう、社会正義の実現と基本的人権の擁護という弁護士に課せられた崇高な使命に忠実に従って生きていこう、そう、覚悟を決めました。  

私は、弁護士であることを誇りに思っております。
若い方々と一緒に様々な社会的に有益な活動を展開できることを誇りに思っております。  

そういう思いを籠めて、私のオフィシャルホームページをリニューアルすることにしました。  

日々新たなり。 新しい弁護士早川忠孝の誕生です。  

大変困難な時代を迎えておりますが、私はこれからも、司法と行政と立法が連動し協働する新しい社会を目指して頑張っていく覚悟でおります。  

やるべきことは、山積しております。
難しいことが沢山ありますが、「やれば出来る!」を合言葉にこれからも精一杯頑張って参ります。

新しい時代、大きな和をつくろう!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

早川忠孝

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

ブロゴスを読まない人のために、橋下氏の解説のはしりをご紹介しておこう

2017.03.28 更新

自民党は、籠池爆弾の処理方法については偽証罪での告発が最も有効だと思っているようだが、今皆さんが手にしておられる材料では、籠池氏に対しての告発は不発に終わる可能性があり、やればやるほど犠牲者が多くなりそうである。

これしか方法がない、と思ってシャカリキになっておられるようだが、無理な筋を追うと怪我が大きくなる。
籠池氏をしつこい人だ、とか、危ない人だ、嘘が多い人だ、ぐらいに思われるのはいいが、詐欺師扱いはされない方がいい。

どなたか籠池氏とトコトン話をされるのがいい。

告発しようという相手と今更何の話が出来るか、話をしてどんないいことがあるんだ、何もないじゃないか、などと思われる方もおられるだろうが、どんな相手にもそれなりの言い分があるものであり、とにかく相手から話を丁寧に聞けば、どんなにこんがらがった話でも段々に話の道筋が開けてくるものである。

カッとなってしまうと相手の言うことには一切耳を傾けず、自分の言いたいことを一方的に捲し立ててお終い、みたいなことになるが、森友学園の籠池氏に対してそういう対処の仕方をすると碌なことがない。
安倍さんも官邸もどうやら初期対応を間違えてしまったようだ。
まあ、行きがかり上止むを得なかったかな、と思うところもあるが、余計なトラブルを惹起してしまった、ということからすると、これまでの安倍さんや官邸の対応は褒められたものではない。

どこかで対処方針を変えた方がいい。
いや、変えなければどんどん泥濘に嵌っていく。

人間にはいいところとそうでもないところが同居しているから、籠池氏の悪いところだけを引き出してくると典型的な詐欺師の仲間入りをしてしまうのだが、籠池氏の虚言癖や誇大妄想的なところは、本物の詐欺師と較べれば他愛のない部類になってしまう。

ちょい悪おじさん、眉に唾を付けて話を聞いていればいい、ちょっと危ない変なおじさん、くらいに思っておかれるといいのではなかろうか。

さて、先ほどの記事では割愛してしまったが、ブロゴス等のまとめニュースサイトをご覧にならない方のために件の橋下氏のスクープ記事をご紹介しておく。
全部お読みになりたい方は、橋下氏の有料メルマガを購読されれば読めるようである。
ご参考までに。

以下、ブロゴスに掲載された橋下氏の記事の抜粋:

「問題となっている土地は、大阪音楽大学の隣接地で、大阪音楽大学は平成24年から国と売買交渉をした。土地は国土交通省大阪航空局の所管だが、売却手続きは近畿財務局が行う。
この土地は、関西国際空港が伊丹空港と統合され新しい会社になるときに、平成24年10月、関西国際空港の新会社に現物出資され、新会社の所有となった。近畿財務局は大阪音楽大学に売却できると思い、その代金を国のものにするため、いったん新会社所有となった当該土地を国所有に戻した(平成25年1月)。

ところが結局、大阪音楽大学への売却は交渉決裂となって破談した。こうなると、当該土地が国のものとして余ってしまうのである。民間だとそれの何が問題なの? と感じるだろう。しかし行政の世界では大問題なのである。

当該土地も含めて伊丹空港の騒音区域に指定された土地は国土交通省大阪航空局が管理することになっているが、騒音区域の縮小に伴い、大阪航空局は管理していた土地をどんどん売却処理していた。関西国際空港の新会社に現物出資することで、ついに大阪航空局は騒音区域として管理していた土地を全て処分できたのである。大阪航空局としては管理している土地を処分することが仕事のミッションだったので、平成24年10月にその仕事は完了した。

ところが、近畿財務局が大阪音楽大学に売れるかもしれないということで、関西国際空港新会社に移した土地を再び大阪航空局所管に戻したのである。そして近畿財務局は売却に失敗。
となると、せっかく全て処分できたと思っていた大阪航空局はまた土地を抱えることになってしまった。大阪航空局は平成24年10月の現物出資で全て土地管理は終了したとして担当部署を解散。そこに再び土地が戻ってきてしまったのである。

大阪航空局にとっては面倒なことになってしまい、近畿財務局に売却先をきちんと見つけるように迫っていた。近畿財務局は売却先を見つけるのに焦っていたという状況だったらしい。
ここまでの情報の信用度は5段階評価で3レベル。

そしてこのような状況の中、森友学園が近畿財務局に土地を買いたいと言ってきた。近畿財務局としてはラッキーである。何とか売却したいと一生懸命になる。」

→ 雑来帳ザッツライッ(BLOGOSメルマガ)

→ 鴇田くに奨学基金 ビヨンドXプロジェクト