早川忠孝 オフィシャルホームページ

早川忠孝 事務所

太陽コスモ法律事務所
弁護士 早川忠孝

〒102-0093
東京都千代田区
平河町1-7-10 平河町Sビル3階
[ google map ]

TEL:03-5275-3381
FAX:03-5275-3384

ご挨拶

日々新たなり。
これが、私のモットーです。  

平成21年の衆議院選挙で衆議院議員の議席を失いましたが、司法、行政、立法の第一線にいたという経験を踏まえて、「弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり」というブログを通じて日々生起する社会の様々な事象に対してその時々の思いを発信してきました。  

ナポレオンは、我が辞書には不可能という言葉はない、と言ったと伝えられております。
私も、そのように強く逞しくありたい。如何なる困難に遭遇しても決してめげることなく、何としてもこれを克服していきたい。
そう、願って今日までやってきました。  

ついに「弁護士早川忠孝の雑来帳・ザッツライッ」というメルマガを発行することになりました。
どんな難しい問題でも必ず答えを出そう、というのがこのメルマガの趣旨です。

私は、東大紛争で入学試験が中止になり、卒業も6月になったという激動の昭和44年に自治省に入り、富山県庁に出向するなどして国の行政、地方の行政の現場を経験してきました。
在学中に司法試験に合格しておりましたので、昭和48年に自治省を辞め法曹界に転進し、昭和50年から弁護士として活動してきております。
弁護士経験も既に38年を超えましたから、もうベテラン弁護士の仲間入りをしたと言っていいでしょう。
法友全期会の代表幹事や関東弁護士会連合会の人権擁護委員長、さらには東京弁護士会の筆頭副会長なども務めてきましたから、弁護士や弁護士界のことであれば大抵のことは分かるようになっています。
普通の弁護士が困った時に相談に来る弁護士、という意味で私は自分のことを「弁護士の弁護士」だと言ってきました。

今でもこれは変わりません。
どうしてよいか分からなくなった弁護士に道を教えるのが私の役割だと思っております。  

平成15年から平成21年まで衆議院議員として実に様々な仕事をしてきました。
このオフィシャルホームページは、私が国政に挑戦し、あるいは国政で縦横無尽に 活動している頃に開設したもので、私の衆議院議員時代の記録が満載となっておりました。
私には大切な記録です。 しかし、衆議院議員を辞めてからまったくリニューアルしないで来てしまいました。  

私は、弁護士の原点に戻って、一人でも多くの方々の支えになっていこう、社会正義の実現と基本的人権の擁護という弁護士に課せられた崇高な使命に忠実に従って生きていこう、そう、覚悟を決めました。  

私は、弁護士であることを誇りに思っております。
若い方々と一緒に様々な社会的に有益な活動を展開できることを誇りに思っております。  

そういう思いを籠めて、私のオフィシャルホームページをリニューアルすることにしました。  

日々新たなり。 新しい弁護士早川忠孝の誕生です。  

大変困難な時代を迎えておりますが、私はこれからも、司法と行政と立法が連動し協働する新しい社会を目指して頑張っていく覚悟でおります。  

やるべきことは、山積しております。
難しいことが沢山ありますが、「やれば出来る!」を合言葉にこれからも精一杯頑張って参ります。

新しい時代、大きな和をつくろう!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

早川忠孝

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

また民進党がほんのちょっぴり進歩したかー依存症対策法案の提出はタイムリー

2016.12.08 更新

IR法案の肝は依存症対策の財源確保にある、と言われると、なるほどそういう一面もあるな、という気はしている。

私は煙草を呑まないから、煙草1箱が1000円になっても2000円になっても構わない。
煙草の代金の90パーセントが税金で、国と地方とでその税金を折半する、と言われても、ああそうですか、ということになる。

その税金が何に使われることになるかについては大いなる関心を抱くが、愛煙者の方々がせっせと喫煙して税金を納めてくれるのであれば、少々の煙草の煙での被害は我慢しようと思う。

しかし、煙草を吸わない人間にとっては煙草は迷惑な存在であることは間違いない。
出来れば止めてもらいたいと思うが、しかし煙草を呑まざるを得ない人が現実にいることは知っているから、渋い顔をして黙って見ている。

身体にいいことはないのに、よく吸っているな、と呆れて見ているだけである。
高速道路の真ん中を歩いているようなものですよ、などと言っても、自分は大丈夫、車の方が裂けてくれる、と信じ込んでいる人には何を言っても無駄。

危ない!という警告はするが、自分の身を危険に晒してまで止めるようなことまではしない。

ギャンブル依存症の場合は、煙草よりも人の生活を破壊する程度が大きそうなので、これを放置しておくと社会全体がおかしくなる虞があり、様々な犯罪を誘発しやすくなりそうだから、治安を確保し安心・安全な社会を築く、という観点から何らかの対策が講じられるべきだろう、と思っている。

依存症対策の充実を求める家族会の皆さんがIR法に一縷の望みを託しておられるのは、多分現在の国の依存症対策が不十分で、実効性のある対策になっていないからだろうと思っている。
IR法が出来れば、カジノだけでなくあらゆるギャンブル依存症対策が進められるはずだ、という熱い願望がそこに籠められているようである。

しかし、今国会で審議が進められているIR法案は、依存症対策の具体的中身に触れておらず、行政にその検討を義務付けるだけの、大まかなプログラムを書いただけのプログラム法案だから、カジノ解禁の方向性を示しただけのカジノ解禁法案に過ぎない、という批判は基本的に当たっていると思う。

国が本格的に依存症対策を推進するためにはそれなりの財源を確保しなければならないが、国の財政の実情を見るとどこにもその財源が見当たらないから、カジノを合法化してカジノの収益の中から依存症対策の原資を確保しようとする動きが出てくるのも止むを得ない面がある。

筋は悪いが、一つの現実に即した政策的判断ではある。

私は賛成できないが、与野党に跨ってIR法案を推進したい国会議員がいることは、それなりに理解している。

民進党は、現在のIR法案には反対するということで党としての方針を取りまとめたようだが、ただの反対だけでは結局与党のIR法推進派に押し切られてお終いになるところだった。

民進党はIR法案に反対しました、というだけでは、自民党の批判勢力としての存在は誇示できるだろうが、反対、反対だけで対案が何もない、というのではかつての社会党と同じ「反対党」で終わるところだった。

聞くところによると、民進党は依存症対策法を今国会に提出することに決めたそうだ。
もっと早くから取り組めばよかっただろうに、と思うが、何もやらないよりはいい。
どんな内容になるのか分からないが、いずれにしても次に提案されることになる政府の依存症対策の中身に大なり小なり影響を与えるものになるだろうと思っている。

民進党も、また、ちょっとだけ進歩したようですね。

とりあえず、そう申し上げておく。

→ 雑来帳ザッツライッ(BLOGOSメルマガ)

→ 鴇田くに奨学基金 ビヨンドXプロジェクト