早川忠孝 オフィシャルホームページ

早川忠孝 事務所

太陽コスモ法律事務所
弁護士 早川忠孝

〒102-0093
東京都千代田区
平河町1-7-10 平河町Sビル3階
[ google map ]

TEL:03-5275-3381
FAX:03-5275-3384

ご挨拶

日々新たなり。
これが、私のモットーです。  

平成21年の衆議院選挙で衆議院議員の議席を失いましたが、司法、行政、立法の第一線にいたという経験を踏まえて、「弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり」というブログを通じて日々生起する社会の様々な事象に対してその時々の思いを発信してきました。  

ナポレオンは、我が辞書には不可能という言葉はない、と言ったと伝えられております。
私も、そのように強く逞しくありたい。如何なる困難に遭遇しても決してめげることなく、何としてもこれを克服していきたい。
そう、願って今日までやってきました。  

ついに「弁護士早川忠孝の雑来帳・ザッツライッ」というメルマガを発行することになりました。
どんな難しい問題でも必ず答えを出そう、というのがこのメルマガの趣旨です。

私は、東大紛争で入学試験が中止になり、卒業も6月になったという激動の昭和44年に自治省に入り、富山県庁に出向するなどして国の行政、地方の行政の現場を経験してきました。
在学中に司法試験に合格しておりましたので、昭和48年に自治省を辞め法曹界に転進し、昭和50年から弁護士として活動してきております。
弁護士経験も既に38年を超えましたから、もうベテラン弁護士の仲間入りをしたと言っていいでしょう。
法友全期会の代表幹事や関東弁護士会連合会の人権擁護委員長、さらには東京弁護士会の筆頭副会長なども務めてきましたから、弁護士や弁護士界のことであれば大抵のことは分かるようになっています。
普通の弁護士が困った時に相談に来る弁護士、という意味で私は自分のことを「弁護士の弁護士」だと言ってきました。

今でもこれは変わりません。
どうしてよいか分からなくなった弁護士に道を教えるのが私の役割だと思っております。  

平成15年から平成21年まで衆議院議員として実に様々な仕事をしてきました。
このオフィシャルホームページは、私が国政に挑戦し、あるいは国政で縦横無尽に 活動している頃に開設したもので、私の衆議院議員時代の記録が満載となっておりました。
私には大切な記録です。 しかし、衆議院議員を辞めてからまったくリニューアルしないで来てしまいました。  

私は、弁護士の原点に戻って、一人でも多くの方々の支えになっていこう、社会正義の実現と基本的人権の擁護という弁護士に課せられた崇高な使命に忠実に従って生きていこう、そう、覚悟を決めました。  

私は、弁護士であることを誇りに思っております。
若い方々と一緒に様々な社会的に有益な活動を展開できることを誇りに思っております。  

そういう思いを籠めて、私のオフィシャルホームページをリニューアルすることにしました。  

日々新たなり。 新しい弁護士早川忠孝の誕生です。  

大変困難な時代を迎えておりますが、私はこれからも、司法と行政と立法が連動し協働する新しい社会を目指して頑張っていく覚悟でおります。  

やるべきことは、山積しております。
難しいことが沢山ありますが、「やれば出来る!」を合言葉にこれからも精一杯頑張って参ります。

新しい時代、大きな和をつくろう!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

早川忠孝

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

ほう、維新の中で結構いい議論が展開されている。これは期待してよさそうだ

2019.09.20 更新

音喜多氏が結構いい情報発信をしている。

政党の中で国会議員や地方議員がどんな意見交換をしているのか一般の国民が知る機会はこれまで殆どなかったのだが、音喜多氏が維新の参議院議員になって、従前のままのスタイルで一般の国民に対する情報発信を続けてくれているお蔭で、維新の中で所属の国会議員や地方議員がどんな意見交換をしているのかをつぶさに知ることが出来るようになった。

以下、アゴラに掲載されている音喜多氏の記事

『財政規律?積極財政?大阪維新と国政維新の財政ポジションについて
2019年09月20日 14:00 音喜多 駿

「こんにちは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

昨日は研修会二日目、特に午後は議員・特別党員同士の自由討論に長時間が充てられ、非常に有意義なディスカッションができました。
やはり座学や講師の方との質疑応答だけでなく、所属党員同士が議論することは非常に大切ですね。このような機会を設定してくれた政調会及びスタッフの皆さまに改めて感謝を致します。

4テーマどれも白熱したのですが、今日は守島正・大阪市議(大阪維新の会政調会長)が取り上げた財政について触れたいと思います。
守島市議の問題提起を私なりに要約すると、
「大阪維新(を含む地方の維新)は結党以来、身を切る改革を筆頭に『財政規律』を大切にして活動してきた。しかし国政維新はこのところ、積極財政に方向転換しているように見える。これは矛盾しているようにも感じるが、実際のところ国政維新の財政に対する方針はどうなっているのか?」
というものです。
最近はれいわ・山本氏の影響で緊縮派・反緊縮派などの言葉が飛び交うようになりましたが、政府の支出を適切な範囲に抑えて財政の膨張を防ごうという考えはそもそも「財政規律派」などと呼ばれていました。
自由主義者である私は、どちらかといえば財政規律を大事にする「小さな政府」的な考え方の持ち主で、結党以来の国政維新マニフェスト集にも「プライマリーバランスの黒字化」が掲げられていました。
まず実態としては、国政維新の中にも激しい議論があった末、「まだ国家財政としては財政出動の余地がある」として、今回の参院選公約から「プライマリーバランスの黒字化」を外したとのことです。
教育の無償化など、「必要なところにはしっかりと支出する」という方針を明確にし、「反緊縮」というイメージを払拭する狙いもあります。
加えて、結党当初は使われていた「小さな政府」という文言も、現在は「小さな行政機構」という言葉に軌道修正されています。
ただその一方で、政府の「身を切る改革」は進まずPLは相変わらず真っ赤で、国債発行額は積み上がっているわけですから、その中で積極財政を主張するのは大阪などで進めている財政改革と矛盾するのではないか?という疑問が出てくるわけです。

ここで前提となるのが、国政と地方財政の違いです。
地方と違い中央政府には「通貨発行権」がありますので、単純に歳出を削減する以外にも財政政策を発動する余地があります。
浅田均参議院議員(日本維新の会政調会長)が議論の場で述べていたように、経済政策は水物ですから、原理主義的に正しいものがあるわけではなく、場面場面に応じて打ち手が変わってきます。
低成長とデフレが続いている現在、国債発行の余地があるのであれば、積極的な財政出動を行うべきだという路線はありえます。
そこで足立康史代議士などは、
「『維新は緊縮』というイメージが足を引っ張っている。これを完全払拭するためにも、積極財政の姿勢をもっと打ち出していくべきだ」
「ただその積極財政の中身は、自民党やれいわなどの利権・バラマキではなく、経済成長と機会平等のためだとしっかりと主張して行くのが良い」
と意見を述べておられました。
この打ち出し方については、私は若干異論がありまして。。
場面で積極財政に転じるのは充分にありえますし、経済成長と機会平等のための支出が今こそ重要だという点は論をまたないとしても、維新のオリジンとして「財政規律≒小さな政府路線」があるということは、逆に捨てない方が良いなと率直に思うのです。
むしろ「財政規律派」の維新が積極財政を主張するほど、投資先の政策は重要なのだ・現在の状況は深刻なのだと思ってもらえた方が、世間的なインパクトを残せる可能性もあります。
また、国政維新がなぜこの局面で積極財政を主張しているのか?については、有権者や党員に必ずしも正しく伝わっておらず、広報戦略・ガバナンスの強化も必要不可欠です。
よって僭越ながら、そういった意見も私からは述べさせていただきました。
※なお昨日の議論で、何らかの結論が出たという話ではありません

自由主義者が支持できる受け皿として、維新の存在は文字通り唯一無二の存在であり、一般の有権者からは大阪で進めている改革との整合性が求められることもあるでしょう。
いずれにせよ経済・財政政策だけではなく、社会保障を含めたあらゆるパッケージで維新の姿勢が問われてきます。
「財政出動の持続可能性は、結局は国家の信頼性に依存する。ゆえに積極財政を主張するなら、社会保障を始めとする信用システムの立て直しが必須だ」
という意見も出され、まさにその通りだと感じたところです。
来月には臨時国会が始まり、衆院解散も目前に迫っていると言われています。
昨日の議論も含め、国政維新のレーゾンデートル(存在意義)をしっかりお示しできるよう、引き続き党内議論と検討を続けて参ります。
それでは、また明日。」

私が自民党の衆議院議員の時代には、国会の委員会での審議よりも、自民党のそれぞれの部会でどんな意見交換がなされているのか国民の皆さんに知っていただきたいものだ、と思ったものだが、当時は情報発信の手段が限定されており、一般の国民の方々には殆ど何も伝わらなかったはずだ。

おう、音喜多さん、いい仕事をしていますね、というところである。

自民党の部会に参加している国会議員は、大体は当該部会の係属案件に精通している自民党の中でも政策に強く真面目な国会議員ばかり。
いわゆる選挙に強い人たちもいないわけではないが、政策に強く真面目な自民党の国会議員は勉強熱心だが、大体は選挙には弱い。
選挙には弱いが、政策には明るいから、色々な場面に引っ張り出される。
基本的に真面目で人がいいから、色々な仕事を引き受けるようになる。
結局、自民党の政策は、こういう人たちが作っていく。

役に立つ人材であることは間違いない。
大体は、官僚出身である。
しかし、選挙には弱い。

二世や三世であれば、堅い選挙地盤があって、楽に選挙に勝てるのだが、こういう方々は政策策定能力は抜群でも、いざ選挙ともなると塗炭の苦しみを味わざるを得ないのが現実だった。

だから、自民党の若い国会議員が自民党の部会でどんなに熱い議論を展開しているか、国民の皆さんに何とか知ってもらいたい、と私などは思っていたものだ。

維新の中で音喜多氏が独自のポジションを築きつつあることが、アゴラの記事で確認出来たのは良かった。

維新は、ほどほどの広報マンを獲得したようである。

この調子なら、国政維新に期待してもいいんじゃないかな。


→ 雑来帳ザッツライッ(BLOGOSメルマガ)

→ 鴇田くに奨学基金 ビヨンドXプロジェクト