早川忠孝 オフィシャルホームページ

早川忠孝 事務所

太陽コスモ法律事務所
弁護士 早川忠孝

〒102-0093
東京都千代田区
平河町1-7-10 平河町Sビル3階
[ google map ]

TEL:03-5275-3381
FAX:03-5275-3384

ご挨拶

日々新たなり。
これが、私のモットーです。  

平成21年の衆議院選挙で衆議院議員の議席を失いましたが、司法、行政、立法の第一線にいたという経験を踏まえて、「弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり」というブログを通じて日々生起する社会の様々な事象に対してその時々の思いを発信してきました。  

ナポレオンは、我が辞書には不可能という言葉はない、と言ったと伝えられております。
私も、そのように強く逞しくありたい。如何なる困難に遭遇しても決してめげることなく、何としてもこれを克服していきたい。
そう、願って今日までやってきました。  

ついに「弁護士早川忠孝の雑来帳・ザッツライッ」というメルマガを発行することになりました。
どんな難しい問題でも必ず答えを出そう、というのがこのメルマガの趣旨です。

私は、東大紛争で入学試験が中止になり、卒業も6月になったという激動の昭和44年に自治省に入り、富山県庁に出向するなどして国の行政、地方の行政の現場を経験してきました。
在学中に司法試験に合格しておりましたので、昭和48年に自治省を辞め法曹界に転進し、昭和50年から弁護士として活動してきております。
弁護士経験も既に38年を超えましたから、もうベテラン弁護士の仲間入りをしたと言っていいでしょう。
法友全期会の代表幹事や関東弁護士会連合会の人権擁護委員長、さらには東京弁護士会の筆頭副会長なども務めてきましたから、弁護士や弁護士界のことであれば大抵のことは分かるようになっています。
普通の弁護士が困った時に相談に来る弁護士、という意味で私は自分のことを「弁護士の弁護士」だと言ってきました。

今でもこれは変わりません。
どうしてよいか分からなくなった弁護士に道を教えるのが私の役割だと思っております。  

平成15年から平成21年まで衆議院議員として実に様々な仕事をしてきました。
このオフィシャルホームページは、私が国政に挑戦し、あるいは国政で縦横無尽に 活動している頃に開設したもので、私の衆議院議員時代の記録が満載となっておりました。
私には大切な記録です。 しかし、衆議院議員を辞めてからまったくリニューアルしないで来てしまいました。  

私は、弁護士の原点に戻って、一人でも多くの方々の支えになっていこう、社会正義の実現と基本的人権の擁護という弁護士に課せられた崇高な使命に忠実に従って生きていこう、そう、覚悟を決めました。  

私は、弁護士であることを誇りに思っております。
若い方々と一緒に様々な社会的に有益な活動を展開できることを誇りに思っております。  

そういう思いを籠めて、私のオフィシャルホームページをリニューアルすることにしました。  

日々新たなり。 新しい弁護士早川忠孝の誕生です。  

大変困難な時代を迎えておりますが、私はこれからも、司法と行政と立法が連動し協働する新しい社会を目指して頑張っていく覚悟でおります。  

やるべきことは、山積しております。
難しいことが沢山ありますが、「やれば出来る!」を合言葉にこれからも精一杯頑張って参ります。

新しい時代、大きな和をつくろう!
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

早川忠孝

弁護士早川忠孝の一念発起・日々新たなり 通称「早川学校」

長谷川豊氏が父親の大塚勝久氏についたから、私は娘の大塚久美子さんを応援する

2015.03.03 更新

こんな風にみんなでワイワイやるのがいい。

人気ブロガーの元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が大塚家具の創業者である父親を激賞していたから、天邪鬼の私は、娘の大塚久美子社長の方を応援することにする。
大塚家具の株式は一株も買っていないから、純粋に第三者としての応援である。

一度後継者に指名した娘を業績がたまたま芳しくなかったからとか、自分の作り上げた会社の路線を大きく転換したからと言って、貶めるようなことは父親としてすべきではない。
娘が自分に反抗したからと言って、娘の将来を奪うようなことはしないものだ。

株式を公開した時点で会社は株主と従業員と顧客のものになったと考えるべきで、創業者は十分の創業利益を確保したはずだから、後は株主の一人として会社を見守っておけばよかった。
娘の久美子社長が経営者として不適格だというのならともかく、父親の路線とは違う経営方針を打ち出していてもとにかくそれ相応の業績を維持していたのだから、もう少し我慢すればよかった。

父親の勝久氏は幹部社員をずらっと並べて如何にも社員が自分についてきているような外観を装ったが、これでは大塚家具のイメージアップにはならない。
同じ記者会見でも久美子社長の記者会見の方が如何にも今の時代の経営者らしかった。
業績改善のための事業計画も具体的で、配当についての数値目標も明示していたから、投資家にはより説得的だったと思う。

父親は娘の久美子社長に対抗するために長男を押し立ててきているが、姉と弟の間で事業の承継を巡って争わせるようなことは愚の骨頂と言うべきである。
今回の件で娘の久美子社長との仲には決定的な亀裂が走っただろうが、悪くするといずれは息子からも見放されるようなる。

一言多い父親は、後継者を長女から長男に差し替えても、やはり同じように会社の経営に口を挟みたくなる。
創業者の性みたいなものだから、これは簡単には治らない。

70歳を過ぎた創業者が経営の第一線に出ても、もはや往年のようなビジネスの勘を発揮することは難しい。
多分業績はじり貧になるはずだ。

まだまだ健康なんだろうが、どんな人にも寿命はある。
創業者にとっては信頼できる人たちなんだろうが、幹部職員もそれなりに年齢のいった人たちだ。
いずれ一人去り、二人去りといなくなる。

若い社員にとってより魅力のある経営者は誰か。
業績が停滞気味の大塚家具に新風を吹き込む可能性があるのは誰か。
投資家にとってより将来性のある経営者は誰か。

そういうことを考えると、答えは自ずから決まってくるはずだ。

駿馬も老いれば駄馬に劣る。

まあ、他人事だからこんな風に勝手な御託を並べることが出来るが、わが身を顧みればあまり御大層なことは言えないが。
いやはや。

→ 雑来帳ザッツライッ(BLOGOSメルマガ)

→ 鴇田くに奨学基金 ビヨンドXプロジェクト